• NSCAの活動
  • 2024年8月開催。「NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修 in コロラド」のご案内

    本日は、8月20~29日に計画している「NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修inコロラド」について紹介します。今回はコロナ禍による影響で2019年以来の開催となります。

    本研修では、NSCA本部(コロラドスプリングス)を拠点に米国屈指のトレーニング施設の見学ツアーや、自然公園での観光も行います。応募期間は7月10日までとなっています。貴重な機会に是非ご参加をご検討ください!以下、主な見どころを紹介したいと思います。

    ・ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
    NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修inコロラド

    NSCA本部

    クラスルームで講義を行い、その内容をすぐに本部施設内の各フィールド(ウェイトルーム・屋外フィールド)で実践し、頭と身体の両方で学んでいきます。なお、研修はすべてNSCA本部スタッフにより英語で行なわれますが、NSCAジャパンスタッフが同行し、通訳します。

    内容は、これまで扱ってきたスピード&アジリティ、オリンピックリフティング、プログラムデザイン、サスペンショントレーニング、栄養とサプリメントに加え、ウェイトトレーニングコーチングの基礎、ベロシティベースドトレーニング、ビジョントレーニング、タクティカルストレングス&コンディショニングなどの新しい内容も実施する予定です。

    NSCA本部施設

    USオリンピックセンター

    日本の国立スポーツ科学センター(JISS)の米国版とも言える施設で、運が良ければ、実際に世界を目指すアスリートが練習やトレーニングしている様子を眺めることもできます。こちらでは、日本では珍しいトレーニング機器も観ることができたり、大変貴重な機会となっています。

    USオリンピックセンター

    エアフォースアカデミー(空軍士官学校)

    エアフォースアカデミーは、世界屈指のスポーツ施設の面積を誇る一大施設です。この敷地内でインターハイや国体が開催できてしまうような規模に圧倒されます。

    特にプラットフォームやスクワットラックが数十台並ぶウェイトルームは、世界最大規模と言っても過言ではないでしょう。

    エアフォースアカデミー(空軍士官学校)

    他にもたくさんのイベントが!

    また上記に加え、現地のトレーニングジムや研究機関への訪問も調整中です。ツアーを通して、各施設の職員やS&Cコーチと触れ合う機会もあり、米国の現場のS&C文化に直接触れる貴重な機会となります。

    別途、観光ツアーも用意しており、ハイキングコースとして有名なマニトゥインクライン、ガーデンオブザゴッド(神々の庭)などコロラドの雄大な自然も感じることができます。特にガーデンオブザゴッドから眺める景色は絶景です!

    それでは皆さんのご参加をお待ちしております。

    ツアーの詳細はこちらをご覧ください

    NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修inコロラド

    関連の記事

    • NSCAの活動

    6月16日NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!

    • NSCAの活動

    トレーニングという教養。「トレ検®️」ってご存知ですか?

    • NSCAの活動

    ACSM 2024 ANNUAL MEETING in BOSTONに参加しています。

    • NSCAの活動
    • S&Cジャーナル

    今月のS&Cジャーナル4月号「野外教育を応用したアスリートの育成」ほかフリー記事3本

    • NSCAの活動

    2024年6月16日(日)特定非営利活動法人NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!(その2)

    • NSCAの活動

    3月24日、東京都文京区で開催された「マスターコーチ研修」をレポート

    • スポーツ・健康

    ピリオダイゼーション(期分け)ってご存知ですか?

    • スポーツ・健康

    クライアントの目標を安全に達成するために、信頼できるパーソナルトレーナーの選び方とは

    • NSCAメンバーコラム

    はじめまして!「ウォーク」です。

    • スポーツ・健康

    高齢者のためのウェイトトレーニング

    • NSCAメンバーコラム

    趣味を生活の中心に置いて、筋肉と健康を手に入れた話。

    • スポーツ・健康

    危険な暑熱下でのレース。有効な熱中症対策は早めの「暑熱順化」

    アーカイブ