• NSCAの活動
  • 3月24日、東京都文京区で開催された「マスターコーチ研修」をレポート

    今回は、先日実施されたNSCAジャパンマスターコーチ(以下マスターコーチ)の研修会の模様をレポートいたします。マスターコーチは、NSCAジャパンの教育活動を担う指導者で、主に実技講習会の講師などを務めています。

    マスターコーチを対象に年数回の研修会を開催

    NSCAジャパンでは、マスターコーチ向けに年に数回研修会を実施しており、日々研鑽を積んでいただくことで、NSCAジャパンが発する情報を、講習会を通してより分かりやすく皆様に伝えていただくお手伝いをしていただいております。今回の研修では今年度から開催されます、NSCAジャパンコーチコースの新たなコース、スピード&アジリティコースに関する研修会を実施しました。

    NSCAジャパンコーチコース

    スピード&アジリティコースは、速く走るためのスプリントトレーニング、素早く切り返して方向転換するためのアジリティトレーニングを講義と実技で学べる講習会です。研修では資料を基に、走る速度と関連のある脚の振り上げ速度を向上させるためのテクニックや、身体の傾きや股関節の引き込み動作などを意識した、素早く動作を切り返すためのアジリティドリルについて、コーチ同士でフォームチェックや意見交換し、実際の講習会でポイントや指導法をどう参加者にお伝えするか共有しました。

    速く走ることや素早く切り返す動作には、様々な要素が影響してはいます。ただその中でも今回は、基本的ないくつかのポイントに絞った内容でしたが、日頃はそれぞれのフィールドで一般の方やアスリートをサポートしている、トレーニング指導現場の最前線で活躍されているマスターコーチが、熱心にドリルに取り組まれている光景がとても印象的でした。

    スプリントテクニックなどは、専門的な技術であり、陸上競技のコーチが教えるものと思われがちです。もちろん陸上競技のスプリントや高跳びの選手に対し、より専門的な技術を指導することは、各競技の指導者が担う部分ではありますが、一般の方や他競技のアスリートに対し、走る動作、方向転換する動作のより基礎的、かつ多くの方に当てはまるテクニックの指導については、ストレングス&コンディショニングコーチ、またはパーソナルトレーナーが指導することのできる分野です。

    今回の研修で共有した情報を、各地域に持ち帰り、マスターコーチから皆様にお届けされることを楽しみにしています。お住まいのお近くでコーチコースが開催される際には、ぜひご参加ください!

    関連リンク

    NSCAジャパンマスターコーチについて

    NSCAジャパンコーチコースについて

    関連の記事

    • NSCAの活動

    2024年6月16日(日)特定非営利活動法人NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!(その2)

    • NSCAの活動

    ACSM 2024 ANNUAL MEETING in BOSTONに参加しています。

    • NSCAの活動
    • S&Cジャーナル

    今月のS&Cジャーナル4月号「野外教育を応用したアスリートの育成」ほかフリー記事3本

    • NSCAの活動

    トレーニングという教養。「トレ検®️」ってご存知ですか?

    • NSCAの活動

    6月16日NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!

    • NSCAの活動

    2024年8月開催。「NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修 in コロラド」のご案内

    • スポーツ・健康

    動画でトレーニング紹介「バックスクワット」

    • NSCAメンバーコラム

    趣味を生活の中心に置いて、筋肉と健康を手に入れた話。

    • スポーツ・健康

    動画でトレーニング紹介「ベンチプレス」

    • NSCAメンバーコラム

    はじめまして!「ウォーク」です。

    • キャリアトーク

    【キャリアトーク】S&Cコーチを目指す方へ、キャリアづくりのアドバイス 臼井智洋さん

    • スポーツ・健康

    ピリオダイゼーションにおけるテーパリングの効果

    アーカイブ