• NSCAの活動
  • 「NSCAジャパンS&Cフォーラム2024 in 名古屋」を開催しました!

    S&Cフォーラムとは、複数の著名な講師を招いてストレングストレーニングやコンディショニングに関する研究に裏付けられた知識をご講演いただくイベントです。今回は2024年6月16日(日)に名古屋コンベンションホール(愛知県名古屋市)で開催された「S&Cフォーラム2024」の様子をレポートします。

    NSCAジャパンでは大規模主催イベント(S&Cフォーラム・S&Cカンファレンス)を年に2回開催しています。

    本イベントは現地参加とオンライン参加のハイブリッド形式で開催されましたが、この記事では現地の雰囲気をお伝えできるよう、現地参加限定のイベントも含めてご紹介します。

    準備の様子と受付

    10時半の来場受付開始に向けて、受付スタッフは朝からチケットや配布物の準備に取り掛かっていました。参加者の方は、プログラムや記念品、協賛企業様からの配布など荷物が多くなりますが、それらをまとめて入れられる記念バッグも併せて配布をします。受付では、来場者の列ができる時間帯もありましたが、スムーズに受付が進んでいきました。

    会場ではイベント限定の物販(ポロシャツ)コーナーも設置しました。NSCAジャパンのロゴ入りグッズは、現在のところイベント会場のみの販売となっています。会員の皆様が、NSCAジャパンのロゴを身に着けて現場で活動する機会を想像し、グッズ制作にも力を入れています。

    講演と実技の選択受講を実施!

    今回のフォーラムではメインホールでの講演と、中会議室での実技を平行して行う形式でした。参加者は事前に、希望の講座を選択して受講していただきました。どの講座も会場は熱気に包まれ、盛り上がりました。直接講師の先生とコミュニケーションを取ることができるのも、現地参加の魅力の一つとなっています。

    メインホール(講演会場)の様子
    講演 岡田 隆先生(日本体育大学)
    講演 江間 諒一先生(静岡産業大学)
    講演 門間 陽樹先生(東北大学)
    中会議室(実技会場)の様子
    実技 篠田 洋介先生(元川崎フロンターレ)
    実技 倉持 梨恵子先生(中京大学)

    フォーラムでは初の交流会を開催!

    今回のフォーラムは講座の間に軽食・ドリンク付きの交流会を実施しました。参加者、講師、協賛企業の方々が一堂に会し、交流を行いました。講演内容の質疑応答やディスカッション、参加者同士が知り合いになる機会となったようです。45分間の短い時間となりましたが、それぞれのテーブルでは会話が弾んでいました。

    S&Cフォーラム2024は終了しましたが、アーカイブ配信によるオンライン参加を事前申込みいただいた参加者の方は視聴期間(6月24日~7月31日)にいつでも講演を視聴することができます。

    次回の大規模主催イベントは2024年12月14~15日、大阪府大阪市で行われるS&Cカンファレンス2024となります。こちらも開催内容が決定次第、NSCAジャパンウェブサイトおよびNSCA PARKでお知らせする予定ですので、楽しみにお待ちください!

    関連の記事

    • NSCAの活動

    0706 HPCセミナー実施レポート

    • NSCAの活動

    2024年8月開催。「NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング海外研修 in コロラド」のご案内

    • NSCAの活動

    3月24日、東京都文京区で開催された「マスターコーチ研修」をレポート

    • NSCAの活動

    トレーニングという教養。「トレ検®️」ってご存知ですか?

    • NSCAの活動

    ACSM 2024 ANNUAL MEETING in BOSTONに参加しています。

    • NSCAの活動
    • S&Cジャーナル

    今月のS&Cジャーナル4月号「野外教育を応用したアスリートの育成」ほかフリー記事3本

    • NSCAの活動

    2024年6月16日(日)特定非営利活動法人NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!(その2)

    • NSCAの活動

    6月16日NSCAジャパン第24回総会およびS&Cフォーラム2024開催!

    • スポーツ・健康

    動画でトレーニング紹介「バックスクワット」

    • スポーツ・健康

    部活引退後からブランクのある新入生アスリートには 「50/30/20/10ルール」

    • スポーツ・健康

    ピリオダイゼーションにおけるテーパリングの効果

    • S&Cジャーナル

    今月のS&Cジャーナル7月号「スポーツ活動で生じる“衝撃負荷”から子どもの外傷・障害を考える」ほかフリー記事2本

    アーカイブ